タイ工場進出

タイへ工場進出〜工業団地で工場建設〜

日系企業のタイ進出をサポート

タイ工場進出

円高、電力不足の懸念、チャイナリスクを意識し、タイへの進出を計画する日系企業が増えています。この動きは大手大企業に限ったことではありません。

 

今まで海外進出は検討したことのなかった日系中小企業の海外進出も目立っています。取引先のタイへの進出、新興国への輸出拡大、販路拡大等タイ進出の理由は各社様々です。

 

なぜ、日系大企業、中小零細企業が他国ではなくタイへ進出をするのか?タイ進出のメリットは?

 

 

 

これには大きな理由があります。その大きな理由として税金が挙げられます。

 

日本から輸出する場合とタイから輸出する場合を比べたときに大きな差がでてくるのです。タイに工場進出する大きなメリット、やはり税制面で受けられる恩典が日本とは比べ物にならないこと。日本から輸出したのでは高額な関税がかかってしまう地域が多いですよね。

 

しかし、タイから輸出すると、ASEAN諸国内での関税撤廃!この恩恵は非常に大きな物になります。今後ASEANは更なる経済共同体に発展する計画があるので、関税撤廃地域の拡大もあり更に日本企業から注目度がアップすることでしょう。。

 

タイに進出して工場を設立する場合には工業団地外か工業団地内のどちらかに設立することになります。 タイには多くの工業団地がありますが、インフラも整備され、働く場としてだけでなく、生活する空間としても非常に便利な場所です。ショッピングエリア、学校、レストラン、郵便局、病院と工業団地内でも不自由なく生活できる場所も増えてきています。日系企業が多く入居する工業団地内には日本食レストランがあるところも多く、日本人に好評です

 

工業団地内に工場を設立する恩典はその利便性だけではありません。タイ工業団地公社(IEAT)が管理する工業団地で受けられる最大の恩典はやはり税制面!タイ政府が認める投資奨励対象業種に対してはタイ投資委員会(BOI)から更なる厚い恩典を受けられるのです。

 

タイ政府が管轄する工業団地内に工場を設立すれば税制面、非税制面での恩典を受けられます。更にBOIの申請をして認可を受けることが出来れば更なる税制面、非税制面での恩典が与えられます。

 

やはり、受けられる法人所得税、関税の減免は非常に大きなメリットになります。

 

日本企業のタイ進出

なぜタイへ進出する日系企業が多いのか!?円高、電力不足懸念も勿論ありますが、最大の要因はASEAN・AFTA・EPAの好影響(税制面)、工業団地とBOIの恩典(税制面と非税制面)を受けられるからと言っても過言ではありません。

 

また、裾野産業の発達に伴い、日系サプライヤ、外資系サプライヤを含た原材料・部品調達率の高さも大きなメリットとなっています。特に電子・電気産業、自動車産業の集積が目立ちます。

 

タイ進出を決定したら、次はどこに工場を設立するのか、工業団地はどこにするのか、BOIの申請はどうするのか等やらなければいけないことは沢山あります。この時にタイで工業団地の選定、工場設立、BOIの申請代行等を請け負う弊社のような存在が活躍するわけです。
全部自分でやるとなると、とてつもない時間を浪費することになりますからね・・・

 

タイのビジネス事情、工業団地事情、BOI事情に精通したプロの力を活用することをお勧めいたします。

 

弊社は日本人駐在員が多く住む町、タイ東部チョンブリ県のシラチャ近辺の工業団地に強みを持っています。法人設立、シラチャ近郊の工業団地の選定、工場設立、BOIの申請代行に絶対的な自信とネットワークを構築していると自負しております。タイ進出を計画中であれば是非一度ご相談ください。

 

現在アマタナコン工業団地外、ピントン工業団地外等、工業団地外の工業用地のお問い合わせを多くいただいています。希望しているような工業用地の確保が出来るのか等まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

タイ東部チョンブリ県での工場建設相談

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ